こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2. > 2018年度のニュース一覧(イベント情報)
  3.  > けいはんな情報通信フェア2018 -10月25日~27日開催-

イベント情報

けいはんな情報通信フェア2018 -10月25日~27日開催-

'18年9月25日 更新
『けいはんな情報通信フェア』は、けいはんな学研都市にある情報通信に関連する研究機関や大学の最先端の研究成果等を、講演や展示・子どもたち向けのイベントを通じて分かりやすく紹介されており、様々な最先端の技術に触れることができるイベントです。同志社大学も、展示ブースを出展いたします。是非会場へお越しください。

日時:2018年10月25日(木)~27日(土)

場所:けいはんなプラザ、ATR (京都府相楽郡精華町)

内容:本学からは、以下の展示をいたします。
◇ 同志社大学 理工学部 応用メディア情報研究室
「自由視聴点VR技術の開発」
自由視聴点VRは,自由に視点および聴取点を変更できるバーチャルリアリティ技術です。ヘッドマウントディスプレイとバイノーラルヘッドフォンを用いて様々なAVシーンの再現を目指しています。

◇ 同志社大学 生命医科学部 医情報学科
「生物に学ぶセンシング技術(コウモリのソナーシステム)」
生物ソナーと呼ばれる「コウモリ」をテーマに、彼らのシンプルかつユニークな超音波によるセンシング術を紹介します。生物の知恵や工夫に学ぶことで、未来に役立つテクノロジーへの応用展開を目指しています。

◇ 同志社ローム記念館プロジェクト プロンティアットVR
「VRにおける通信技術を用いたマルチVRゲームの開発」
人工的に作った仮想世界を現実世界のように体感させる技術「VR」。ゴーグルを使って1人でプレイする孤独感を解消すべく、私たちは、2人で同時にプレイ可能なマルチVRゲームを開発、魔法を使って対戦するオリジナルのゲームをお楽しみいただけます。

◇ 同志社ローム記念館プロジェクト
「企業や自治体と学生がコラボレーション 同志社ローム記念館プロジェクト」
学生たちが社会の課題解決や新たな価値創造を目標に掲げ、教育やまちおこし、ゲーム開発、動画づくりなど、さまざまな活動を展開しています。
毎年、テーマを提案いただける企業・団体も募集中。

主催
けいはんな情報通信フェア実行委員会、国立研究開発法人情報通信研究機構、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)、公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構、公益社団法人関西経済連合会
関連情報