こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2.  > イベント&情報発信
  3.  > 各種公募情報

学外研究助成(研究開発支援制度)

研究開発支援制度一覧

他の学外研究助成は以下のサイトをご覧ください。
学外研究助成一覧(オリジナルサイト)

府省共通研究開発管理システム(e-Rad)のリニューアルについて(ご案内)

2018年3月にe-Radがリニューアルされ、システム画面が大幅に変更されました。各種公的研究費の応募を考えておられる方は、予めにシステムにログインして、画面構成等を確認しておいてください。 リニューアル後に初めてログインした場合は、パスワードの設定変更を求められますので、指示に従って設定してください。

詳細につきましてはこちらをご覧ください。
内閣府
平成31年度食品健康影響評価技術研究 New!!
分野、概要等
  1. 危害要因・ばく露実態の評価に必要な科学的知見の集積
  2. 健康影響発現メカニズムの解明
  3. 新たなリスク評価方法等の確立
  4. その他
公募期間~2018年10月19日 17時 厳守

新エネルギー・産業技術総合開発機構(略称NEDO)
戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)第2期 New!!
分野、概要等「自動運転(システムとサービスの拡張)」のうち「仮想空間での自動走行評価環境整備手法の開発」
A.
走行環境モデルの構築
B.
センサーのレファレンスモデル構築と評価ツールの構築
C.
自動運転モデルの構築
D.
自動運転バリデーションプラットフォームのアーキテクチャ構築
  • 事業規模:平成30年度:6億円以内、平成31年度:7億円程度、平成32年度:5億円程度
  • 実施期間:NEDOが指定する日から平成33年2月28日まで
公募期間~2018年10月19日 正午 必着

農林水産省
平成30年度 戦略的国際共同推進委託事業のうちMOU締結支援事業について(再公募) New!!
分野、概要等研究テーマ
  1. ゲノム技術
  2. ICT
  3. 育種
  4. 越境性・侵入病害虫
  5. 気候変動
  6. 農畜水産物(今回追加)
対象国・機関
  1. 経済協力開発機構(OECD)加盟国
  2. G20(金融・世界経済に関する首脳会合)加盟国・機関
  3. 国際農業研究協議グループ(CGIAR)に属する研究機関
  4. アジア地域(今回追加)
・契約限度額:300万円(消費税及び地方消費税込み)上限
・実施期間:委託契約締結の日から平成31年3月22日まで
公募期間~2018年10月19日 17時 厳守

新エネルギー・産業技術総合開発機構(略称NEDO)
高輝度・高効率次世代レーザー技術開発 New!!
分野、概要等研究開発項目3:次々世代加工に向けた新規光源・要素技術開発
課題[1] 新規構造LD基盤技術及び周辺要素技術の開発
課題[2] 新しい波長域及び短パルスレーザー基盤技術の開発
  • 実施規模:平成30~32年度の総額2.2億円以内/テーマ
  • 実施期間:平成30~32年度
公募期間~2018年10月18日 正午 必着

新エネルギー・産業技術総合開発機構(略称NEDO)
革新的新構造材料等研究開発(研究対象の追加) New!!
分野、概要等研究開発テーマ:鋼板と樹脂材料の革新的接合技術及び信頼性評価技術の開発
  • 事業規模:平成30年度の事業規模は0.5億円以内、平成31年度以降は0.9億円/年程度を予定
  • 事業期間:平成30~34年度
公募期間~2018年10月11日 正午 必着

科学技術振興機構(略称JST)
平成31年度 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) New!!
分野、概要等
  • 研究期間:暫定期間後3~5年
  • JST/JICA経費:年間1課題当たり1億円程度(間接経費含む)
環境・エネルギー分野「地球規模の環境課題の解決に資する研究」
気候変動への適応、生態系・生物多様性の保全、自然資源の持続可能な利用、汚染対策などSDGsに貢献する研究
環境・エネルギー分野「低炭素社会の実現に向けた先進的エネルギーシステムに関する研究」
クリーンエネルギー、気候変動の緩和などSDGsに貢献する研究
生物資源分野「生物資源の持続可能な生産と利用に資する研究」
食料安全保障、健康増進、栄養改善、持続可能な農林水産業などSDGsに貢献する研究
防災分野「持続可能な社会を支える防災・減災に関する研究」
災害メカニズム解明、事前の対策、災害発生から復旧・復興までSDGsに貢献する研究
公募期間~2018年11月12日 正午(日本時間) 厳守

日本医療研究開発機構(略称AMED)
平成31年度 地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム(SATREPS) New!!
分野、概要等感染症分野「開発途上国のニーズを踏まえた感染症対策研究」
  • 研究開発実施予定期間:暫定期間後最長5年 2019年度~2024年度(1年間の暫定期間含む)
  • 研究開発費の規模:1課題当たり1億円程度(間接経費含む)
公募期間~2018年11月12日 正午 厳守

東京エレクトロン株式会社
共同研究社外募集制度 New!!
分野、概要等半導体・FPDの製造プロセス・製造装置の更なる価値創造に貢献するシーズ技術
  • 共同研究実施期間:最長5年度 平成30~34年度
  • 研究費用:《大型研究テーマ》年間1千5百万円(目安)、《中型研究テーマ》年間5百万円(目安)
公募期間~2018年10月31日 必着

日本医療研究開発機構(略称AMED)
平成30年度 創薬基盤推進研究事業(薬用植物国産化・利活用促進プロジェクト)(2次公募)
分野、概要等薬用植物種苗供給技術開発拠点整備に係る研究
  • 研究開発実施予定期間:最長5年度 平成30~34年度
  • 研究開発費の規模:1課題当たり年間3,000万円(間接経費を含まない)
薬用植物栽培技術開発に係る研究
  • 研究開発実施予定期間:最長5年度 平成30~34年度
  • 研究開発費の規模:1課題当たり年間1,500万円(間接経費を含まない)
公募期間~2018年10月9日 正午 厳守

日本医療研究開発機構(略称AMED)
平成30年度 医工連携事業化推進事業(開発・事業化事業)(2次公募)
分野、概要等
  1. 医療費削減効果
  2. 海外市場の獲得
  3. 3.国産医療機器市場の拡大
公募期間~2018年9月28日 正午 必着

新エネルギー・産業技術総合開発機構(略称NEDO)
高効率・高速処理を可能とするAIチップ・次世代コンピューティングの技術開発
分野、概要等研究開発項目〔1〕革新的AIエッジコンピューティング技術の開発
  • 事業規模:《研究開発枠》3億円以内/年 《先導調査研究枠》2,000万円以内/年
公募期間~2018年10月3日 正午 必着

情報通信研究機構(略称NICT)
平成30年度 高度通信・放送研究開発委託研究
分野、概要等データ連携・利活用による地域課題解決のための実証型研究開発[課題番号200]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度(最長)
  • 研究開発予算:各年度1件当たり1,000万円(税込)上限
異分野データ連携によるスマートモビリティ基盤の研究開発[課題番号201]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度
  • 研究開発予算:各年度3,000万円(税込)上限
超長期セキュア秘密分散保管システム技術の研究開発[課題番号202]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度(第1期)
  • 研究開発予算:《課題A》物理乱数源の研究開発では、各年度1,500万円(税込)上限 《課題B》秘密分散ソフトウェアの研究開発では、各年度2,500万円(税込)上限
マルチコアファイバの実用化加速に向けた研究開発[課題番号203]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度(第1期)
  • 研究開発予算:各年度17,000万円(税込)上限
超並列型光ネットワーク基盤技術の研究開発[課題番号204]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度(第1期)
  • 研究開発予算:各年度7,000万円(税込)上限
高スループット・高稼働な通信を提供する順応型光ネットワーク技術の研究開発[課題番号205]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度(第1期)
  • 研究開発予算:各年度16,000万円(税込)上限
5G・Beyond 5Gの多様なサービスに対応する有線・無線アクセスネットワークのプラットフォーム技術の研究開発[課題番号206]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度(第1期)
  • 研究開発予算:各年度5,000万円(税込)上限
Beyond 5Gに向けたモバイル収容大容量光アクセスインフラの研究開発[課題番号207]
  • 研究開発期間:平成30~32(2020)年度(第1期)
  • 研究開発予算:各年度10,000万円(税込)上限
公募期間~2018年10月1日 正午 必着

農林水産省
平成30年度 戦略的国際共同研究推進委託事業のうち日独農業大臣会談での合意実施・フォローアップ事業
分野、概要等
  • 国際共同研究開発領域
  1. 植物育種及び防除に関する研究
  2. 持続的な家畜生産及び管理に関する研究
  • 契約限度額:1課題当たり750万円(消費税(地方消費税を含む)込み)
  • 研究期間:平成30~32年度 3年間(予定)
公募期間~2018年10月12日 17時 厳守

情報通信研究機構(略称NICT)
脳情報通信に関する国際共同研究開発(第2回)
分野、概要等国際共同研究プログラムに基づく日米連携による脳情報通信研究[課題番号199]
【区分1】Research Proposals
【区分2】Data Sharing Proposals
  • 研究開発期間:2019年度契約締結日から36か月間を予定
  • 研究開発予算:1件当たり1,000万円/年(税込)上限
公募期間~2018年11月29日 正午(日本時間) 必着

情報通信研究機構(略称NICT)
海外研究者招へい
分野、概要等
  • 招へい開始期間:平成31年4月1日~平成32年(2020年)3月31日
  • 滞在費、渡航費、出張旅費などを支給
公募期間~2018年10月31日 17時 必着

情報通信研究機構(略称NICT)
国際研究集会開催支援
分野、概要等
  • 集会開催の対象期間:平成31年4月1日~平成33年(2021年)3月31日
  • 委託額:550万円上限
公募期間~2018年10月17日 17時 必着

AGC株式会社
2018年度AGCリサーチコラボレーション制度 -公募型産学共同研究-
分野、概要等スマート社会で活かされる材料技術
《共同研究実施期間》原則2019年4月より研究を開始し、2年間から3年間
《研究費》
大型研究テーマ:2,000万円以内/年 最長3年間で総額6,000万円以内
中型研究テーマ:1,000万円以内/年 最長3年間で総額3,000万円以内
公募期間~2018年9月28日

総務省
平成30年度 ICT研究者育成型研究開発(若手研究者枠)
分野、概要等1. センシング&データ取得基盤分野
2. 統合ICT基盤分野
3. データ利活用基盤分野
4. 情報セキュリティ分野
5. 耐災害ICT基盤分野
6. フロンティア研究分野
7. IoT/BD/AI技術の研究開発分野
  • 研究開発期間:フェーズⅡ:最長3年2ヶ月
  • 研究開発経費:フェーズⅡ:単年度 1課題あたり上限1,000万円(直接経費)【消費税込み】
公募期間~2018年10月12日 17時 必着

総務省
平成30年度 ICTイノベーション創出チャレンジプログラム【I-Challenge!】
分野、概要等 ICTそのものの技術や、農業、医療、交通、教育などの異分野とICTとの融合(ICT×○○)をはかるなどにより、革新的な技術やアイデアを活用した新事業の創出を目指し、POC(Proof of Concept:概念検証)に取り組む技術開発課題が対象
公募期間~2019年3月29日
.