こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2.  > 産官学連携のスキーム
  3.  > 契約スキーム(共同研究・受託研究・奨学寄付・学術指導)

契約スキーム(共同研究・委託研究・奨学寄付・学術指導)

契約スキームの種類

契約スキームの種類

 共同
研究
委託
研究
委託
試験
委託
調査
学術指導
(コンサルタント)
奨学寄付金
内容依頼を受けたテーマについて、研究・調査・試験専門的知見に基づき、調査・技術・開発についての指導助言学術研究の奨励を目的とした寄付
研究者成果の
報告
×
研究者の受入・
派遣
派遣のみ×
受入時期・期間随時(4月開始が中心)随時
契約・寄付金額双方協議の上決定寄付元の判断
間接経費・
一般管理費
直接研究費の20%を間接経費とする寄付金額の10%を一般管理費として徴収する
備考 ※免税措置に
ついて

2018年4月1日から共同研究、受託研究・調査・試験、学術指導契約の、間接経費・一般管理費の取扱いを変更いたします。
詳しくは間接経費割合の変更についてをご覧ください。


【研究経費の計算方法】
研究経費総額=A:当該研究遂行に必要な直接経費(消費税抜き)+B:間接経費(A×20%)(消費税抜き)+C:消費税
*C:消費税は、(A+B)の8%(現行の消費税率)
◎新計算方法は研究期間にかかわらず、契約日が2018年4月1日以降の案件について適用いたします。

【間接経費について】
共同研究、受託研究・調査・試験、学術指導の契約時に徴収しております間接経費につきまして、従来の「一般管理費」に加え、「産学連携推進のための経費」を徴収し、戦略的研究活動、知的財産管理、広報活動、施設・設備充実等を強力に推進するための予算といたします。
「一般管理費」の使途
人件費、用品費、光熱水費、旅費交通費、通信費、研究施設・設備管理費等運営上必要となる経費。
「産学連携推進のための経費」の使途
戦略的研究活動、知的財産管理、広報活動、施設・設備充実等を推進するための経費。

※免税措置について
学校法人同志社は、文部科学省から寄付金募集について、特定公益増進法人の証明書交付を受けております。ご寄付いただきました金額は、個人または法人の所得から控除され、税法上の優遇措置を受けることができます。
詳細は、学校法人同志社 募金のご案内「税制上のメリット(個人)」「税制上のメリット(法人)」をご覧ください。

書類のダウンロード

 共同
研究
委託
研究
委託
試験
委託
調査
学術指導
(コンサルタント)
奨学寄付金
要綱共同研究 [PDF 119KB]受託研究 [PDF 121KB]学術指導 [PDF 127KB]奨学寄付 [PDF 99KB]
申請書申請書 [Word 40KB]申請書 [Word 40KB]申請書 [Word 40KB]寄付申込書 [Word 35KB]
記入例 [PDF 113KB]記入例 [PDF 118KB]記入例 [PDF 106KB]記入例 [PDF 194KB]
間接経費・
一般管理費
直接研究費の20%を間接経費とする寄付金額の10%を一般管理費として徴収する
契約書
(雛形)
 契約書の雛形についてはリエゾンオフィスまで
お問い合わせください。 

「申請書」及び「契約書」(雛形)の作成について

●「申請書」及び「契約書」(雛形)には記入していただく項目があります。
  各種書類に必要事項をご記入ください。
  ※契約内容を変更される場合には、当オフィスまでご連絡ください。
●「申請書」… 1部 、「契約書」… 2部(甲乙間で保持するため)を作成ください。
●「契約書」はA4サイズ3~4枚ありますので、お手数ですが必要事項をご記入後、
  以下の図の通り袋とじ製本をお願いします。

 <袋とじ製本>

見本

● 製本後、表・裏両面の製本部との境に割印をお願いします。
  また、契約締結者欄にご捺印ください。

書類の送付先

〒610-0394 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学リエゾンオフィス(担当コーディネーター)宛
TEL:0774-65-6223
.