こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2.  > 産官学連携のスキーム
  3.  > 共同利用について(動作解析実験室)

動作解析実験室

設置機器

  1. 三次元動作解析装置(モーションキャプチャシステム)
  2. 生体力学用フォースプレート(床反力計)

利用者

  1. 本学教職員
  2. 教員が利用を認めた本学の学部学生、大学院生及び研究生
  3. 同志社大学快風館利用申請書で利用を認められた者
  4. その他、同志社大学快風館の利用に関する運営委員会が利用を認めた者

申込受付開始について

利用者申請開始日
上記1、2利用日の6ヵ月前
上記3、4利用日の3ヵ月前

*利用日時が重なった場合は、運営委員会で調整を行います。
*申請~利用許可が下りるまでには、快風館運営委員の内容確認が必要ですので、2週間以上の余裕を持って申し込みしてください。

利用の手続き
所管課:(研究企画課(学研都市キャンパス(快風館)赤ちゃん学研究センター内)

  1. 同志社大学快風館動作解析実験室利用申込書・実験計画書 [Excel 73KB]」(H29年改訂版)を所管課に提出ください。
    ※カメラの位置をやむを得ず変更する際には、必ず実験計画書にその旨を記載し、運営委員会の許可を得ること。
    ※但し運営委員会主催のカメラ取扱い説明講習会受講者のみ変更可能。また、実験終了後は必ず原状復帰すること。

  2. 快風館運営委員より使用許可が下れば、その旨を申請者あてにお知らせします。

  3. 利用日に快風館へお越しください。

  4. 『動作解析室への入室者リスト作成』と『実験に使う機材持ち込み』に関するお願い [PDF 81KB]」をご確認のうえ、「動作解析室利用者リスト [Excel 39KB]」を提出ください。

  5. 利用最終日(実験終了後)、「同志社大学快風館動作解析実験室利用報告書」を所管課に提出してください。
    ※カメラ位置変更を申請された方は「同志社大学快風館動作解析実験室利用報告書 [Excel 32KB]」の「カメラ位置の原状復帰確認印」を所轄課または快風館管理人室でもらってください。

利用可能日

原則として月~金曜日の9:00~17:00(祝日、同志社大学の一斉休暇期間、休日を除く)

利用料金

一般利用・・・1日(9:00~17:00)
実験室利用料(モニター室を含む)30,000円
実験設備利用料20,000円
本学教職員
単発1回(連続して3日まで)・・・2万円
*3日を超える場合、4日目以降は、1日につき10,000円追加
年間1年度・・・10万円
*年間利用日が20日を超える場合、1日につき5,000円追加
遵守事項
  1. 利用希望者はあらかじめ、運営委員会から許可を得ていること。

  2. 利用にあたっては、「快風館動作解析実験室利用の心得 [PDF 88KB]」を熟読し、そこに定められたルールに従うこと。

  3. 機器の操作は、運営委員会主催の取扱い説明講習会を受講した者が行うか、申請者の中に当装置の操作に精通している者が含まれていること。後者の場合は、運営委員会が事前にヒアリングを行う。

  4. カメラの位置、設定は原則変更しない。やむを得ず変更する際には、運営委員会主催のカメラ取扱い説明講習会を受講した者のみ変更が可能。その場合は必ず実験計画書にその旨を記載し、運営委員会の許可を得ること。また、実験終了後は必ず原状復帰すること。

  5. 計測したデータは利用期間を過ぎて装置に残しておくことは出来ない。

大型機材保管申請手続き
所管課:(研究企画課(学研都市キャンパス(快風館)赤ちゃん学研究センター内)

『大型機材の持ち込み』に関するお願い [PDF 146KB]」をご確認のうえ、「大型機器持ち込み・保管申請書 [Excel 39KB]」(H29年改訂版)を所管課に提出ください。
※許可が下りるまでに時間を要する場合がありますので、余裕を持って提出ください。

動作解析関連ソフト借用の手続き
所管課:研究企画課(京田辺キャンパス ローム館2階南)

  1. 同志社大学快風館動作解析関連ソフト借用申請書 [Excel 27KB]」を所管課に提出ください。
  2. 貸出中の場合、返却されるまでお待ち頂く場合があります。
  3. 貸出期間は、原則1週間です。
  4. 使用終了後、所管課まで返却してください。

動作解析関連「SIMM FullBodyModule」借用の手続き
所管課:研究企画課(京田辺キャンパス ローム館2階南)

  1. 同志社大学快風館動作解析関連SIMM FullBodyModule借用申請書 [Excel 49KB]」を所管課に提出ください。
  2. 貸出中の場合、返却されるまでお待ち頂く場合があります。
  3. 貸出日数:貸出・返却日は1日に含み、所管課開室時間中に行う。但し、土日祝日は日数計上しない。
  4. 使用終了後、所管課まで返却してください。

※「SIMM FullBodyModule」を使用する場合、動作解析室利用とは別に下記の通り利用料が必要となります。
一般利用者及び
単発利用者
1回(連続して3日まで)・・・2万円
*3日を超える場合、4日目以降は、1日につき10,000円追加
年間利用者1年度・・・10万円
*年間利用日が20日を超える場合、1日につき5,000円追加

所管課開室時間

研究企画課(学研都市キャンパス(快風館 赤ちゃん学研究センター内))
月~金 9:00~17:00(内、休憩1時間)
※祝日、同志社大学の一斉休暇期間、休日を除く
研究企画課(京田辺キャンパス ローム館2階南)
月~金 9:00~11:30、12:30~17:00
※祝日、同志社大学の一斉休暇期間、休日を除く
.