こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2. > 2017年度のニュース一覧(メールマガジン)
  3.  > Vol.273(2018/01/15)

メールマガジン

Vol.273(2018/01/15)

'18年1月15日 更新
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼   同志社大学リエゾンオフィスメールマガジン
▼▼   ~Doshisha University Liaison Office Mail Magazine~
━━━━━━━━━━━━━━ Vol.273 ━━ 2018年01月15日 発行 ━━━━



┌ ◆ 目次 ◆ ─────────────────────────┐


■■■ 同志社大学からのお知らせ ──────────────────

【1】第5回「新ビジネス」フォーラム
  「超音波技術による医療、計測、光学分野への応用」 〔再掲〕

【2】けいはんなリサーチコンプレックス事業
  「平成29年度 脳機能計測入門講座 脳へのアプローチ」 〔再掲〕

【3】ITECセミナー開催のお知らせ

【4】ニューズレター「LIAISON」Vol.53(2017.12月号)発行


■■■ 外部機関からのお知らせ ───────────────────

【5】D-BRIDGE 第64回 未来経営塾セミナー
  「企業経営におけるPDCAのポイント」 〔再掲〕


└─────────────────────────────────┘




■■■ 同志社大学からのお知らせ ──────────────────




┏【1】第5回「新ビジネス」フォーラム
┃  「超音波技術による医療、計測、光学分野への応用」 〔再掲〕
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


  “診る”、“測る”、“創る”で新ビジネスを拓きます!


 ※同志社大学「新ビジネス」フォーラムについて

 本学の産官学連携をさらに全国規模に広げるとともに、本学の研究資源を基
 に新技術・新産業の創出に寄与できるような連携内容の深化を目指し、東京
 に同志社大学「新ビジネス」フォーラムを発足させました。産業界の皆様と
 関係を構築するべく定期的にフォーラム・シンポジウムを開催しております。


【日時】2018年1月29日(月) 13:00~16:20

【場所】同志社大学 東京サテライト・キャンパス
    (東京都中央区京橋2丁目7番19号 京橋イーストビル3階)

【内容】

  ■「同志社大学 超音波エレクトロニクス研究室」
    渡辺 好章(生命医科学部 教授)

  ■講演1
   「超音波技術によるレンズ革命」
    小山 大介(理工学部 准教授)

  ■講演2
   「超音波照射による先端医療技術開発について」
    秋山 いわき(生命医科学部 教授)

  ■講演3
   「超音波で骨を診る -ミクロ&マクロな視点から-」
    松川 真美(理工学部 教授)

  ■名刺交換会


【定員】50名(対象:企業関係の方) ※事前申込要

【参加費】無料

【主催】同志社大学 研究開発推進機構

【申込】申込みフォームまたはメール、FAXにてお申込みください。

  申込みフォーム:https://www.doshisha.ac.jp/form/liaison/event4/
  メール    :liaison-event@mail.doshisha.ac.jp
  FAX      :0774-65-6773


【お問合せ】

  同志社大学 リエゾンオフィス
  TEL:0774-65-6223 E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp


【詳細】http://liaison.doshisha.ac.jp/events/event/new_business_forum.html






┏【2】けいはんなリサーチコンプレックス事業
┃  「平成29年度 脳機能計測入門講座 脳へのアプローチ」 〔再掲〕
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


 けいはんなは、脳科学の最前線で活躍する研究者と、その研究を支える
 高度な撮像・解析技術を持つ専門家、最先端の計測装置を備える施設の
 3つの特長が揃う世界有数の研究都市です。この利点を活かし、本シリー
 ズでは、3名の研究者が『脳へのアプローチ』から広がる新たな可能性を
 解説します。



【日時】第2回 2018年1月17日(水) 18:00~19:00

【場所】株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 地階01会議室
    京都府相楽郡精華町光台二丁目2番地2(けいはんな学研都市)
    http://www.atr.jp/map_etc/access_j.html

【内容】《第2回》
    18:00~19:00
     「脳ビッグデータにもとづくコンテンツ評価・生成技術」
      神谷 之康 氏(ATR 脳情報通信総合研究所
             脳情報研究所神経情報学研究室 客員室長
             /京都大学情報学研究科 教授)

【参加費】無料

【主催】けいはんなリサーチコンプレックス事業

【問合せ先】
  [事務局] 研究開発推進機構
   TEL:0774-65-6223 FAX:0774-65-6773
   E-mail:hr-dev@keihanna-rc.jp


【詳細】http://liaison.doshisha.ac.jp/news/2017/1115/news-detail-994.html







┏【3】ITECセミナー開催のお知らせ
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


 同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC)では、新しい技術
 に対応した社会の新しい仕組みを展望することを目的に、いくつかの論題
 を設定して、それぞれの論題を様々な視点から議論していくシリーズ形式
 で、ITECセミナーを開催しております。(聴講無料・どなたでもご参加
 いただけます。)


 【論題】「個の能力を最大限活かし、その成果を全体最適に結びつける」
       ―新たな技術経営の視点から-

 【日時】2018年1月20日(土)13:10~14:40

 【場所】同志社大学 今出川校地 寒梅館2階 KMB203
     (京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103)
     http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html

 【講師】株式会社ソシオネクスト 代表取締役会長兼CEO
     同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC) 客員教授
    西口 泰夫 氏

 【概要】
  グローバル競争時代に活動する集団は、様々な課題を解き続けなければ
  ならない。その為には、グローバル規模で通用する多様な能力を持ち、
  個性豊かな人材が必要である。一般的に企業等は個人や集団を組織化し
  て、あらゆる分野の課題解決を図り、その結果を集合させて、集団が求
  める成果を見出す。ある意味において相いれない部分最適活動と全体最
  適創出の関係をいかに高めるかが組織活動の課題である。この課題を技
  術経営に視点をおいて議論する。

 【お申込み】 https://goo.gl/forms/6CP5D1jQJ0JYXnCG2
         こちらのリンクからお申込み下さい。

 【参加費】無料

 【主催】同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC)

 【問合せ先】
  同志社大学 技術・企業・国際競争力研究センター(ITEC)(担当:髙山)
  京都市上京区今出川通烏丸東入 寒梅館KMB 3階
  TEL:075-251-3779  E-mail:itec@doshisha-u.jp
  http://www.itec.doshisha-u.jp/j/





┏【4】ニューズレター「LIAISON」Vol.53(2017.12月号)発行
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


 ニューズレター「LIAISON」は、本学の産官学連携・地域連携活動、
 起業支援活動などの情報発信のため、年間3回発行しております。


 ◆特集◆

 文部科学省×同志社大学 産官学連携によるイノベーション創出
 「マネジメントシステムの強化で知・人材・資金の好循環を目指す」

 ・坂本修一氏 文部科学省 科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長
 ・竹廣良司  同志社大学 研究推進部長 / 経済学部 経済学科 教授
 ・岩井誠人  同志社大学 リエゾンオフィス所長
         / 理工学部 電子工学科 教授
 ・盛満正嗣  同志社大学 知的財産センター所長
         / 理工学部 環境システム学科 教授


 ◆LIAISON OFFICE NEWS & TOPICS◆

 ・「イノベーション・ジャパン2017」に出展


 ◆研究者をたずねて◆

 「GPUクラスタで次世代音響技術の開発に挑む。」
  土屋隆生(理工学部 教授)

 「生命と非生命の境界線を解き明かし、新たな学問領域を切り拓く。」
  塩井章久(理工学部 教授)

 「高齢者が手軽に実践できる低負荷トレーニングで介護予防を支援。」
  渡邊裕也(スポーツ健康科学部 助教)


 ※ご希望の方には郵送させていただきますので、お気軽にご連絡ください。
  連絡先は、メール文末をご覧ください。


【詳細】http://liaison.doshisha.ac.jp/events/newsletter/newsletter.html






■■■ 外部機関からのお知らせ ───────────────────



┏【5】D-BRIDGE 第64回 未来経営塾セミナー
┃  「企業経営におけるPDCAのポイント」
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━◆


 社会人にも学生にも新しい経営の息吹と最新の知識を学ぼうという未来経
 営塾。学んだ後は、懇親会で語り合い、未来の経営を探求する者のネット
 ワークを築くことも当塾の趣旨のひとつとしております。
 きずな交流会(懇親会)と合わせて未来経営塾セミナーへ是非、ご参加
 ください!


【日時】 2018年1月26日(金)
     ≪セミナー≫ 18:30~20:00 (受付 18:00~)
     ≪きずな交流会(懇親会)≫ セミナー終了後

【場所】 同志社大学今出川校地 室町キャンパス(寒梅館)KMB211教室
     京都市上京区烏丸通上立売下ル御所八幡町103
     http://www.doshisha.ac.jp/information/campus/access/muromachi.html
     
     ≪セミナー≫ 室町キャンパス 寒梅館2階 211教室
     ≪きずな交流会(懇親会)≫ 寒梅館1階 Hamac de Paradis 寒梅館
     
【講師】 足羽 剛(あしわ つよし) 氏
     有限責任監査法人トーマツ 京都事務所 監査 マネジャー
 
     1999年3月 同志社大学商学部卒業
     2000年 監査法人トーマツ(現有限責任監査法人トーマツ)
         大阪事務所入所
     2009年 現 関西事業部 京都事務所に異動
         兼 D-BRIDGE(NPO法人同志社大学産官学連携支援ネット
         ワーク) 執行理事
    <主な業務内容>
     上場/非上場会社・上場準備会社の監査業務、中堅企業の経営管理
     体制構築支援業務、起業家支援  等

【テーマ】
 「企業経営におけるPDCAのポイント」

【内容】
  経営の基本はPDCAを回すことにあります。つまり計画(P)を立て、計画
  に基づいて実行(D)し、結果を振り返り(C)、改善活動(A)を講じる。
  本来、このサイクルは、半年、1年間等の周期で繰り返すうちに、その都
  度レベルアップを果たし、経営管理力、ひいては競争力のアップ(スパ
  イラルアップ)に繋がることが想定されています。
  しかし、いくつかの躓きポイントがあり、レベルアップが果たせないで
  いるケースも多いのではないかと考えています。管理面から会社を強く
  するという視点で、改善方法をお話しします。

【参加費】 当日会場にてお支払いください。
      ≪セミナー≫ 1,500円
       D-BRIDGE個人会員 500円
       D-BRIDGE法人会員(含:所属の方)500円
       学生      無料(学生証をご提示ください)

      ≪きずな交流会(懇親会)≫  
       一般 3,500円
       学生 1,000円
          (差額はD-BRIDGEが負担・学生証をご提示ください)

【主催】 NPO法人同志社大学産官学連携支援ネットワーク
    http://www.doshisha-net.org/


【後援】 同志社大学リエゾンオフィス


【お問い合わせ】
     NP0法人同志社大学産官学連携支援ネットワーク
     http://www.doshisha-net.org/
     電話:075-251-3147  MAIL:staff@doshisha-net.org

【申込・詳細】http://liaison.doshisha.ac.jp/news/2017/1208/news-detail-1007.html


 ※未来経営塾セミナーとは・・・

 「未来の経営を学ぶ」として、ベンチャー起業家、大学教員、実務家など
 様々な方を講師として迎え、閉塞感を打ち破って、社会人にも学生にも新
 しい経営の息吹と最新の知識を得る場としています。学んだ後は、懇親会
 で語り合い、未来の経営を探求する者のネットワークを築くことも当塾の
 趣旨のひとつです。






◆─────────────────────────────────◆
 リエゾンオフィスWebサイトへのリンク
◆─────────────────────────────────◆
 ▼イベントカレンダー
 http://liaison.doshisha.ac.jp/events/event/calendar.html
 ─────────────────────────────────
 ▼研究シーズ・特許データベース
 http://liaison-db.doshisha.ac.jp/appli/search.php
 ─────────────────────────────────
 ▼メルマガ申し込み受付
 https://www.doshisha.ac.jp/form/liaison/mlmg/
 ─────────────────────────────────
 ▼メールマガジンバックナンバー
 http://liaison.doshisha.ac.jp/news/mailmagazine
 ─────────────────────────────────
 ▼ニューズレター「LIAISON」(機関誌・年3回発行)
 http://liaison.doshisha.ac.jp/events/newsletter/newsletter.html
◆─────────────────────────────────◆



◆─────────────────────────────────◆
 ■次号は、2018年2月 配信予定
◆─────────────────────────────────◆
 ■問い合わせ先
 ※メールマガジンのご意見・お問い合わせ
  --> jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
 ※メールマガジンの新規申込・配信停止・配信先変更
  --> https://www.doshisha.ac.jp/form/liaison/mlmg
◆─────────────────────────────────◆
 ■ご興味のありそうな方があれば、転送してください。
  但し、内容の変更・加工・転載・引用はしないでください。
◆─────────────────────────────────◆




■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 編集発行:同志社大学リエゾンオフィス
      http://liaison.doshisha.ac.jp/
 ─────────────────────────────────
 京田辺:同志社ローム記念館2階 TEL:0774-65-6223 FAX:0774-65-6773
 今出川:寒梅館2階       TEL:075-251-3147 FAX:075-251-3046
 東大阪:クリエイション・コア東大阪 産学連携オフィス10(2212号)
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
関連情報
お問い合わせ先
リエゾンオフィス(研究開発推進課-京田辺)
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
お問い合わせ一覧(部課所在・事務取扱時間案内)