こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2. > 2017年度のニュース一覧(イベント情報)
  3.  > けいはんなリサーチコンプレックス事業「平成29年度 赤ちゃん学基礎講座 ~赤ちゃん学的視点を探る~(全5回シリーズ)」 -10月19日~12月14日開催-

イベント情報

けいはんなリサーチコンプレックス事業「平成29年度 赤ちゃん学基礎講座 ~赤ちゃん学的視点を探る~(全5回シリーズ)」 -10月19日~12月14日開催-

'17年10月5日 更新
誰もが通ってきた道ながら、いまだに解明されていない胎児から始まる成長・発達のメカニズムの研究は、多岐にわたる分野が融合しなければ進むことができません。企業の力、行政の力のよる牽引や後押しも必要です。赤ちゃん学の“赤ちゃん”とは「ヒトのはじまり」を象徴しています。
同志社大学赤ちゃん学研究センターは、赤ちゃん学の研究者のハブとして、文科省の『共同利用・共同研拠点』に認定されています。けいはんなでもそのネットワークを広げるために、「ヒトのはじまり」の最前線の研究について専門家にご紹介いただき、その後、小西行郎センター長とそれぞれのテーマについて議論します。

開催日と
カリキュラム
10月19日(木) 「聴覚の発達と音環境の創造 ~耳からはじまる関わりあいの発展
          志村 洋子 氏
          (埼玉大学 名誉教授/同志社大学赤ちゃん学研究センター 嘱託研究員)
11月02日(木) 「おなかの赤ちゃんの住環境 ~お母さんからも守る胎盤の不思議
          最上 晴太 氏
          (京都大学医学部附属病院産婦人科 助教)
11月16日(木) 「外気の環境が発達に及ぼす影響 ~子どもたちを包む空気を考える
          金谷 久美子 氏
          (京都大学大学院医学研究科 研究員、内科医)
11月30日(木) 「みずから発達するロボットの設計 ~真のAIをめざして
          浅田 稔 氏
          (大阪大学大学院工学研究科 教授)
12月14日(木) 「子どもの脳を創り・育て・守る睡眠 ~生活リズムと生体リズム
          三池 輝久 氏
          (熊本大学 名誉教授
           /兵庫県立子どもの睡眠と発達医療センター 参与、小児科医)
時間18:00~20:00 (予定)
場所同志社大学 学研都市キャンパス 快風館
〒619‐0225 木津川市木津川台4丁目1‐1  交通アクセス
受講料 無料
主催けいはんなリサーチコンプレックス事業

◎交通アクセスの詳細、お申込方法につきましては、以下、関連書類、関連情報よりご覧いただけます。
関連書類
関連情報
お問い合わせ先
[事務局] 研究開発推進機構
TEL:0774-65-6223 FAX:0774-65-6773
E-mail:hr-dev@keihanna-rc.jp