こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2. > 2013年度のニュース一覧(イベント情報)
  3.  > 関西8私大 新技術説明会 -2014年2月28日開催-

イベント情報

関西8私大 新技術説明会 -2014年2月28日開催-

'14年2月3日 更新
日時2014年2月28日(金) 12:30〜17:10
場所JST東京本部 別館ホール (東京都千代田区)
独立行政法人科学技術振興機構「JSTへのアクセス」(外部サイト)
内容12:30~ 主催者挨拶
   河嶋 壽一 氏 (龍谷大学 知的財産センター 副センター長)
   小原 満穂 氏 (独立行政法人科学技術振興機構 理事)

12:40~ JST事業紹介
   科学技術振興機構

12:45~ 全国イノベーションネットのご紹介
   全国イノベーション推進機関ネットワーク

12:50~ ①有機光機能材料
 「光により形成する超撥水性表面」
   内田 欣吾 氏 (龍谷大学 理工学部 物質化学科 教授)

13:20~ ②生体材料
 「充分な硬化強度を有するリン酸カルシウム系骨セメント」
   坂本 清子 氏 (大阪産業大学 教養部 化学 教授)

13:50~ ③アルツハイマー治療
 「新規アルツハイマー病治療戦略」
  舟本 聡 (同志社大学 生命医科学部 医生命システム学科 准教授)

  アルツハイマー病の原因物質Aβを産生する酵素γセクレターゼの活性低下は様々な副作用を
  引き起こす。我々は、基質特異的にγセクレターゼの活性を阻害することにより、Aβの産生を
  抑制するペプチドを創製し、副作用の少ない疾患治療薬の開発に新しい道を開いた。

 《従来技術・競合技術との比較》
  酵素ではなく基質を創薬の標的としているので、基質特異的にAβ産生を抑制することが
  できる。ひとつの薬剤でAPP特異的にγセクレターゼとβセクレターゼの二つの切断を
  抑制することができる。

 《新技術の特徴》
  酵素ではなく基質を標的とした創薬アプローチなので、アルツハイマー病のみならず
  他の疾患にも応用可能

 《想定される用途》
  ・アルツハイマー病予防
  ・アルツハイマー病治療


14:20~ ④ライフサイエンス
 「効果的な蛋白質調製のためのリフォールディング剤および高確率な蛋白質結晶化剤」
   山口 宏 氏 (関西学院大学 理工学部 化学科 教授)

14:50~ 中小企業基盤整備機構のインキュベーション施設のご紹介
   中小企業基盤整備機構

15:10~ ⑤環境・エネルギー
 「光触媒ナノ材料による環境汚染物質の無害化・資源化」
   古南 博 氏 (近畿大学 理工学部 応用化学科 准教授)

15:40~ ⑥環境・エネルギー
 「マリモナノカーボン(球状ナノ炭素繊維集合体)の合成法」
   中川 清晴 氏 (関西大学 環境都市工学部 エネルギー・環境工学科 准教授)

16:10~ ⑦デプスセンサ応用
 「歩行者および低速走行車用路面危険検知装置」
   田中 雅博 氏 (甲南大学 知能情報学部 知能情報学科 教授 / 図書館長)

16:40~ ⑧情報・通信
 「ユーザとページのつながりを考慮したページおよびユーザ同時検索システム」
   河合 由起子 氏
   (京都産業大学 コンピュータ理工学部 インテリジェントシステム学科 准教授)

17:10~ 閉会挨拶
   木村 敦 氏 (大阪産業大学産業研究所 所長)
主催大阪産業大学、関西大学、関西学院大学、甲南大学、京都産業大学、近畿大学、龍谷大学
独立行政法人科学技術振興機構、同志社大学
定員100名
参加費無料
お問い合わせ先◆新技術説明会について
独立行政法人科学技術振興機構 産学連携支援担当
TEL:0120-679-005
E-mail:scett@jst.go.jp

◆相談予約 連携・ライセンスについて
同志社大学リエゾンオフィス(担当:徳間)
TEL:0774-65-6223  FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
申し込み方法関連サイトよりお申し込みください。
関連サイト独立行政法人科学技術振興機構「関西8私大 新技術説明会」(外部サイト)