こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2.  > リエゾンオフィスについて
  3.  > 産官学連携ポリシー

産官学連携ポリシーについて

同志社大学産官学連携ポリシー


 大学に課せられた使命は、「教育」、「研究」、「社会貢献」の3つである。同志社大学は、これまで「キリスト教主義」、「自由主義」、「国際主義」を3つの柱とした同志社設立の基本理念に沿って、「教育」と「研究」を実践してきたが、社会の将来を担う優れた人物の養成と学術研究の発展を通じ、日本のみならず世界全体の社会、経済、文化等の充実発展に貢献することが求められている。また、大学の研究成果の社会への還元が強く期待されている。
 このため、同志社大学は次に掲げるポリシーのもと産官学連携を推進する。

  1. 社会や地域との交流及び連携により、本学の教育・研究の多様性を確保し、その水準を向上させる。
  2. 産官学連携協力による教育・研究活動を通して新技術及び新産業の創出に貢献する。
  3. 本学の各学問分野の教育・研究成果を積極的に情報発信し、広く社会に還元する。
  4. 本学の研究成果によって生まれた知的財産を積極的に技術移転し、社会の発展に貢献する。
  5. 本学の知的財産の公開及び社会や地域との連携推進拠点としてリエゾンオフィスを設け、教育・研究体制の強化並びに本学に対する社会的評価の向上に寄与する。

.