こちらに共通ヘッダが追加されます。
  1. リエゾンオフィスホーム
  2.  > イベント&情報発信
  3.  > イベント(2012年度)

2012年度

2012年度中に主催、参加した、講演会またはシンポジウム等のイベントの一覧です。

最新の予定については、イベントカレンダーをご参照ください。

3月

第1回 D-egg Cocktail 
同志社大学連携型起業家育成施設「産・学・公連携セミナー」 -2013年3月28日開催-

日時2013年3月28日(木) ≪セミナー≫18:00〜 ≪交流会≫19:00〜
場所D-egg 会議室(2階)(京田辺市)
アクセス(D-egg)
内容 「D-egg Cocktail」は、皆さんが様々な業種の参加者と意見交換やネットワーク構築の拡がりを作ることが出来る場です。中小・ベンチャーの皆さまに役立つテーマで毎月セミナーを開催します。第1回目は(独)中小企業基盤整備機構より事業化支援プロジェクトマネージャーの東 孝一氏をお招きし、新製品開発や販路開拓のノウハウについてお話しいただきます。入居企業の方はもちろん、市内・市外企業の方にもご参加いただけるセミナーです。ご興味のある方は、是非ご参加ください。

「ベンチャー・中小企業連携による新たな価値創造への挑戦」
 講師:東 孝一 氏 (独立行政法人中小企業基盤整備機構
               近畿本部経営支援課 事業化支援プロジェクトマネージャー)
主催D-egg IM室
共催京田辺市経済環境部産業振興課、同志社大学リエゾンオフィス、中小機構 近畿
お問い合わせ先D-egg IM室
TEL:0774-68-1378 FAX:0774-68-1372
備考
【関連書類】
チラシ [PDF 722KB]
参加費:≪セミナー≫無料  ≪交流会≫1,000円

同志社大学大学院脳科学研究科(快風館) 公開シンポジウム -2013年3月23日開催-

日時2013年3月23日(土)14:00〜17:00
場所同志社大学 学研都市キャンパス 快風館講義室(1階)(木津川市)
交通アクセス(学研都市キャンパス)
キャンパスマップ(快風館)
内容『アルツハイマー病の治療薬開発最前線
           -タウに焦点を絞って-』


14:00〜14:10 開会
座長  柳澤 勝彦 氏
     (独立行政法人国立長寿医療研究センター
        認知症先進医療開発センター長・研究所副所長)
開会挨拶  井原 康夫 (同志社大学大学院 脳科学研究科 教授)

14:10〜14:45
「アルツハイマー病-疫学と発症機序概説」
 荒井 啓行 氏 (東北大学 加齢医学研究所 教授)

14:45〜15:20
「脳プロジェクトDX1開発状況」
 高島 明彦 氏 (独立行政法人国立長寿医療研究センター
              認知症先進医療開発センター 部長)

15:30〜16:05
「抗タウ治療薬の可能性を探る」
 宮坂 知宏 (同志社大学 生命医科学部 助教)

16:05〜16:40
「認知症治療薬開発の現状と問題点」
 杉本 八郎
  (同志社大学大学院 脳科学研究科 チェア・プロフェッサー教授
    / 株式会社ファルマエイト 取締役会長)

16:40〜17:00
「同志社大学における研究と快風館の位置づけ」
 井原 康夫 (同志社大学大学院 脳科学研究科 教授)
主催同志社大学大学院 脳科学研究科
共催同志社大学 研究開発推進機構
お問い合わせ先同志社大学大学院 脳科学研究科事務室
〒619-0225 木津川市木津川台4丁目1-1
TEL:0774-65-6053 FAX:0774-65-6099
E-mail::jt-nkgjm@mail.doshisha.ac.jp
申し込み方法上記問い合わせ先に所属・氏名・連絡先をご連絡ください。
備考
【関連書類】
パンフレット [JPG 2.1MB]
申込書 [JPG 1.3MB]
参加費:無料
定員:70名

科学・技術フェスタ -2013年3月16日、17日開催-

日時2013年3月16日(土)~ 17日(日) 10:00~17:00
場所京都パルスプラザ 稲盛ホール、大展示場 (京都市伏見区)
京都パルスプラザ「アクセス」(外部サイト)
内容『再生医療で光を取り戻す』-同志社大学における角膜再生医療研究の取り組み-

同志社大学 生命医科学部 医工学科 テッシュエンジニアリング研究室
同志社大学 生命医科学部 炎症・再生医療研究センター

同志社大学は2008年に生命医科学部を新設し、医工学科「ティッシュエンジニアリング研究室」と「炎症・再生医療研究センター」が、京都府立医科大学との緊密な連携のもとで臨床応用を目指した視覚再生医療の研究を行っています。

● 角膜内皮の再生医療  

角膜内皮細胞は角膜を透明に保つために必須の細胞ですが、再生能力が乏しく障害されると角膜が濁って視力を失います。このような病気(水疱性角膜症)に対して、我々は体性幹細胞を用いた培養角膜内皮細胞移植の開発や、角膜内皮細胞を生体内で増殖させる点眼薬の開発に取り組んでおり、角膜移植に代わる新しい治療法を提供することを目指します。

◆ブース展示
視覚再生医療に関するポスター展示を行います。
詳細は、こちら

◆科学教室
教員によるミニレクチャーと、培養角膜内皮細胞の顕微鏡観察、皆さんの角膜内皮細胞の写真撮影を体験する科学教室を実施します。小学生から一般の方までお気軽にご参加ください。
詳細は、こちら

 <講義内容> 
 Ⅰ:「再生医療で光を取り戻す~角膜再生医療の実際~」 小泉 範子 (生命医科学部 医工学科 教授)
 Ⅱ:「角膜上皮再生医療への挑戦」 中村 隆宏 (生命医科学部 炎症・再生医療研究センター 准教授)
 Ⅲ:「体性幹細胞を用いた角膜内皮再生医療」 奥村 直毅 (生命医科学部 医工学科 助教)
 
 <開催日時> (各回15名、約1時間(講義・実習含む))
 3月16日(土)
   11:00 (Ⅰ:小泉) ※ 定員に達しました
   13:00 (Ⅲ:奥村)
   15:00 (Ⅰ:小泉)
 3月17日(日)
   11:00 (Ⅱ:中村) ※ 定員に達しました
   13:00 (Ⅰ:小泉) ※ 定員に達しました
   15:00 (Ⅰ:小泉)

(本研究は内閣府「最先端・次世代研究開発支援プログラム」の支援を受けています。)
科学教室
参加申し込み
参加申し込みフォーム

申し込みフォームのイベント名欄に希望日時(科学教室:○日○時参加希望)をご記入いただき、
各必要事項をご記入下さい。
なお、定員に達した場合、受講日の振替やお断りする場合がございます。予めご了承下さい。
学校単位など団体(5~10名)での申し込みの場合は、別途タイムスケジュールを設定しますので、
下記までご連絡ください。
同志社大学リエゾンオフィス(担当:中嶋)
TEL:0774-65-6223 E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
主催内閣府、総務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、環境省、日本学術会議、
科学技術振興機構、情報通信研究機構、日本学術振興会、理化学研究所、物質・材料研究機構、
宇宙航空研究開発機構、海洋研究開発機構、日本原子力研究開発機構、国立循環器病研究センター、
産業技術総合研究所、国立環境研究所、国立高等専門学校機構、京都府教育委員会、
京都市教育委員会、京都産学公連携機構(京都府、京都市、京都商工会議所等)
お問い合わせ先科学・技術フェスタ 運営事務局
TEL / FAX:03-3464-0614
E-mail:info@science-festa.jp
備考【関連サイト】科学・技術フェスタ運営事務局「科学・技術フェスタ」(外部サイト)

関西8私大 新技術説明会 -2013年3月1日開催-

日時2013年3月1日(金) 12:40~17:10
場所JST東京本部別館ホール (東京都千代田区)
関西8私大 新技術説明会「会場案内」(外部サイト)
内容
12:40~12:50
主催者挨拶
西方 敬人 氏 (甲南大学 フロンティア研究推進機構 機構長)
小原 満穂 氏 (独立行政法人科学技術振興機構 理事)

12:50~12:55
JST事業紹介
独立行政法人科学技術振興機構

12:55~13:00
全国イノベーションネットのご紹介
前田 裕子 氏 (全国イノベーション推進機関ネットワーク 事業総括)

13:00~13:30
「高回転数化を目指した洗濯機の流体バランサの改良」
中村 友道 氏 (大阪産業大学 工学部 機械工学科 教授)

13:30~14:00
「狭路・管路内走行に適した円筒状小型クローラロボット」
永瀬 純也 氏 (龍谷大学 理工学部 機械システム工学科 助教)

14:00~14:30
「脳波を指標とした注意資源配分量の計測」
片山 順一 氏 (関西学院大学 文学部 総合心理科学科 教授)

14:30~15:00
「線維化疾患治療に向けたコラーゲン分泌阻害剤の開発」
永田 和宏 氏 (京都産業大学 総合生命科学部 生命システム学科 教授)

15:00~15:05
中小企業基盤整備機構のインキュベーション施設のご紹介
独立行政法人中小企業基盤整備機構

15:10~15:40
「再生医療を照らす脂肪由来幹細胞の創製法と派生効果」
森山 博由 氏 (近畿大学 薬学総合研究所 准教授)

15:40~16:10
「一酸化炭素および青酸中毒に対して解毒作用のある化合物の開発」
 北岸 宏亮  (理工学部 機能分子・生命化学科 助教)

水中で選択的にCOおよびCNイオンを捕捉する化合物を、ポルフィリンとシクロデキストリンを組み合わせて開発した。この化合物は実際に動物体内でこれらの二原子分子を捕捉し、速やかに尿中へと排泄される性質を持つ。

《従来技術・競合技術との比較》
火災現場において死因となるCOおよびCN中毒に対して、有効で即効性のある治療薬はこれまでにあまり積極的に開発されていない。本発明はCOとCN中毒の両方を一気に治癒させ、しかも速やかに体外へと排出される画期的なものである。

《新技術の特徴》
  • 合理的な分子設計に基づいた高機能
  • 動物実験にて効果を立証済み
  • 化合物の大量合成が唯一の難点

《想定される用途》
  • 火災現場における救急治療薬
  • 体内におけるCOおよびCNの影響を調べるための除去剤としても使用可能
  • シグナル伝達物質としてのCOおよびCNの役割を調べるための分子ツール

16:10~16:40
「自己組織化を利用した新規な酸化物薄膜パターニング技術」
内山 弘章 氏 (関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科 助教)

16:40~17:10
「微粒子による乳化・起泡 ~Pickeringエマルション・ドライウォーター~」
村上 良 氏 (甲南大学 理工学部 機能分子化学科 講師)

17:10
閉会挨拶
池田 勉 氏 (龍谷大学 知的財産センター センター長)
主催大阪産業大学、関西大学、関西学院大学、京都産業大学、近畿大学、甲南大学、龍谷大学、独立行政法人科学技術振興機構、同志社大学
お問い合わせ先同志社大学知的財産センター
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6900
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連サイト】関西8私大 新技術説明会(外部サイト)
【関連書類】
関西8私大 新技術説明会
「パンフレット[PDF 1.8MB]」(外部サイト)
【申し込み方法】関連サイトの申し込みフォームまたはFAXにてお申し込みください。

2月

ヘルスケアビジネスフェア2013 シーズ発表会 -2013年2月26日開催-

日時2013年2月26日(火)
場所大阪産業創造館(大阪市)
大阪産業創造館「アクセス」(外部サイト)
内容◆プレゼンテーション
14:00~
「小型・高感度なバイオマーカーセンサーの開発」
渡辺 好章 (生命医科学部 医情報学科 教授)

◆ポスター展示
本学からは、「小型・高感度なバイオマーカーセンサーの開発」、「リエゾンオフィスの取り組み」について展示いたします。
主催公益財団法人大阪市都市型産業振興センター
お問い合わせ先新産業創造推進室
TEL:06-6347-7866
FAX:06-6347-7875
E-mail:kenkou@sansokan.jp
備考【関連サイト】大阪産業創造館「ヘルスケアビジネスフェア2013 シーズ発表会」(外部サイト)

京都ビジネス交流フェア2013 -2013年2月21日~22日開催-

日時2013年2月21日(木)~2月22日(金)
場所京都パルスプラザ(京都市伏見区)
京都ビジネス交流フェア2013「京都パルプラザへのアクセス」(外部サイト)
内容本学からは、リエゾンオフィス活動紹介や産官学連携活動の取り組み事例についてご紹介いたします。
主催京都府、公益財団法人京都産業21
お問い合わせ先公益財団法人京都産業21
〒600-8813
京都市下京区中堂寺南町134 京都府産業支援センター内
TEL:075-315-9234
FAX:075-315-9240
E-mail:kikaku@ki21.jp
備考【関連サイト】京都ビジネス交流フェア2013(外部サイト)

第2回 スマートライフシンポジウム -2013年2月20日開催-

日時2013年2月20日(水) 15:00~18:30
場所同志社大学 多々羅キャンパス 大会議室 (京田辺市)
交通アクセス(多々羅キャンパス)
内容「スマートライフとデザイン」

プレゼンテーション1
「先端企業が考える生活提案(仮題)」
河南 順一 氏(元 Apple日本法人 マーケティングコミュニケーション部長)

プレゼンテーション2
「地域づくりとライフスタイル(仮題)」
三橋 俊雄 氏(京都府立大学 環境デザイン学科 教授)

事例発表
「京田辺発 竹・みつまたプロジェクト ~エジソンの光は今~」
※ 協力:きゅうたなべ倶楽部
岩田 吉弘 氏
(伝統工芸士/かね井染織株式会社 代表取締役社長/京都力結集エコ住宅実証・普及プロジェクトメンバー)

鼎談
  • パネリスト
    河南 順一 氏
    三橋 俊雄 氏
  • コーディネータ
    杉岡 秀紀(同志社大学 政策学部 嘱託講師/京都府立大学 公共政策学部 講師)
主催京都産業エコ・エネルギー推進機構 京都力結集エコ住宅実証・普及プロジェクト
共催京田辺市、同志社大学
お問い合わせ先京都力結集エコ住宅「京エハウス」
TEL/FAX:0774-63-5858
E-mail:info@kyo-ecohouse.jp
備考【関連サイト】京エコハウス(外部サイト)

参加費:無料
定員:100名
近鉄新田辺・JR京田辺駅前よりシャトルバス運行

京都イノベーションフォーラム -2013年2月6日開催-

日時2013年2月6日(水)15:00~17:30
場所ホテルグランヴィア京都 古今の間(5F) (京都市下京区)
ホテルグランヴィア京都「アクセス」(外部サイト)
内容文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム
グローバル型(第Ⅱ期) 京都発未来創造型産業創出連携拠点推進事業

≪第Ⅰ部≫
15:00~ 開会挨拶
位髙 光司 氏
(京都産学公連携機構 京都発未来創造型産業創出連携拠点推進委員会 委員長)

15:05~ 報告
「京都発未来創造型産業創出連携拠点事業成果報告」
浅井 利彦 氏(京都産学公連携機構 グローバル拠点推進室長)

15:25~ 講演
「京都における産学公連携と今後への期待」
松波 弘之 氏(京都大学名誉教授/元 JSTイノベーションプラザ京都館長)

16:00~ パネルディスカッション
「国際競争力のあるイノベーショの創出に向けて(仮題)」
◆パネリスト
  • 小寺 秀俊 氏(京都大学 理事・副学長 産官学連携本部長)
  • 高須 秀視 氏
    (公益社団法人京都工業会 R&D問題懇話会幹事/ローム株式会社 常務取締役・研究開発本部長)
  • 竹田 正俊 氏
    (京都試作ネット 代表理事/株式会社クロスエフェクト 代表取締役)

◆コーディネータ
  • 松波 弘之 氏(京都大学名誉教授/元 JSTイノベーションプラザ京都館長)

17:25~ 閉会挨拶  

≪第Ⅱ部≫
17:45~ 交流会
主催京都産学公連携機構 京都発未来創造型産業創出連携拠点推進委員会
(構成団体:京都商工会議所、京都大学、京都工芸繊維大学、京都府、京都市、同志社大学)
お問い合わせ先京都産学公連携機構グローバル拠点推進室
TEL:075-229-6455
FAX:075-212-7022
E-mail:nishimoto-m@kyo.or.jp
備考【関連サイト】京都産学公連携機構グローバル拠点推進室「京都イノベーションフォーラム」(外部サイト)

参加費:無料  ≪第Ⅱ部≫ 3,000円
定員:200名

1月

“無意識生体計測&検査によるヘルスケアシステムの開発” 平成24年度 研究成果報告会
-2013年1月29日開催-

日時2013年1月29日(火) 14:00〜18:30
場所けいはんなプラザ 3階 ナイル(相楽郡精華町)
けいはんなプラザ「アクセス」(外部サイト)
内容文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム
『無意識生体計測&検査によるヘルスケアシステムの開発』

≪報告会≫ 14:00〜

16:30〜
「超音波を用いた非侵襲検査装置の開発」
渡辺 好章(同志社大学 生命医科学部 医情報学科 教授)

≪交流会≫ 17:30〜
主催公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構、京都府、大阪府、奈良県、
けいはんな学研都市ヘルスケアイノベーション推進協議会
お問い合わせ先公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構ヘルスケア事業推進室
TEL:0774-95-5047
FAX:0774-95-5234
E-mail:healthcare@kri.or.jp
備考【関連書類】けいはんな学研都市ヘルスケア開発地域 けいはんな学研都市ヘルスケア事業「無意識生体計測&検査によるヘルスケアシステムの開発[PDF 1.2MB]」(外部サイト)

参加費:無料  ≪交流会≫ 3,000円
定員:200名

第9回 同志社大学ビジネスプランコンテスト~Doshisha New Island Contest 2012~
-2013年1月12日開催-

日時2013年1月12日(土)13:00~
場所同志社大学 今出川校地 寒梅館 ハーディーホール(京都市)
交通アクセス(室町キャンパス)
キャンパスマップ(寒梅館)
内容応募されたビジネスプランの中から、 書類選考とプレゼン予選を勝ち抜いたチームによるプレゼンテーションを行います。

ぜひ観覧にお越しください!
そして、オーディエンス賞の審査にご参加ください!
主催同志社ベンチャートレイン、同志社大学リエゾンオフィス
お問い合わせ先同志社ベンチャートレイン
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3(京田辺校地ラウンジ棟1階)
E-mail:doshisha.venture.train@gmail.com

同志社大学リエゾンオフィス(担当:中嶋)
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連サイト】同志社ベンチャートレイン
募集要項、エントリーシートのダウンロードは同志社ベンチャートレインをご覧ください。

【観覧申し込み】2012 New Island Contest(外部サイト)

12月

ライフイノベーション研究成果 企業化促進フォーラム -2012年12月21日開催-

日時2012年12月21日(金)13:00〜18:30
場所マイドームおおさか 8階(大阪市)
財団法人 大阪産業振興機構「アクセス」(外部サイト)
内容
  • 医療機器関連テーマ 14:40〜18:30
    15:30〜16:00
    「小型・高感度なバイオマーカーセンサーの開発」
    渡辺 好章(同志社大学 生命医科学部 医情報学科 教授)

  • 健康機能性食品関連テーマ 13:00〜18:30
主催関西広域連合
お問い合わせ先関西広域連合 広域産業振興局
(担当県)
徳島県商工労働部新産業戦略課
新成長産業担当(担当:松本、古田)
TEL:088-621-2124 FAX:088-621-2897
E-mail:shinsangyousenryakuka@pref.tokushima.lg.jp
備考【関連サイト】関西広域連合
「ライフイノベーション研究成果 企業化促進フォーラム[PDF 340KB]」(外部サイト)

粉体技術セミナー -2012年12月14日開催-

日時2012年12月14日(金)13:00〜17:00
場所ホテルセントノーム京都 2階 平安の間(京都市)
ホテルセントノーム京都「アクセスマップ」(外部サイト)
内容『ナノ粒子のリスクとその対策』

13:00〜13:05
開会挨拶
(京都環境ナノクラスターとナノプロセシング技術について)
日高 重助(理工学部 化学システム創成工学科 教授)

13:05〜14:00
「ナノ粒子のリスク評価法と評価の現状」
堀江 祐範 氏(産業医科大学 助教)

14:00〜14:55
「ナノ粒子の生体膜への付着と膜損傷」
新戸 浩幸 氏(京都大学 講師)

15:10〜16:05
「ナノ粒子の環境毒性評価」
野村 俊之 氏(大阪府立大学 准教授)

16:05〜17:00
「ナノ粒子の安全な取り扱い」
神谷 秀博 氏(東京農工大学 教授)
主催文部科学省 地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)「京都環境ナノクラスター」、日本粉体工業技術協会産学技術交流推進部門、同志社大学微粒子科学技術研究センター
お問い合わせ先同志社大学 理工学部 粉体工学研究室(担当:村松)
京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6648
E-mail:rc-biryu@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連書類】パンフレット [PDF 142KB]
参加費:無料
お申し込みは、rc-biryu@mail.doshisha.ac.jpで受け付けております。

第9回 関東・関西10私大産学連携フォーラム -2012年12月13日開催-

日時2012年12月13日(木)13:00〜18:30
場所東京電機大学 東京千住キャンパス 丹羽ホール (東京都足立区)
東京電機大学「東京千住キャンパス」(外部サイト)
内容13:00〜 開会
挨拶
吉田 勝久 氏(東京電機大学 学長)
来賓挨拶
川上 景一 氏(経済産業省大臣官房審議官)

13:30〜 基調講演
土屋 定之 氏 (文部科学省科学技術・学術政策局長)
 
14:20〜 講演
「複合領域『知財群』創造的活用ネットワーク構築事業の活動事例及び今後の展開」
藤本 隆 氏
(東京理科大学 科学技術交流センター長
複合領域「知財群」創造的活用ネットワーク構築事業プロデューサー)

15:20〜 パネルディスカッション
「大学等技術移転促進法制定(TLO法)から15年を迎えるにあたって 〜産官学連携 今までとこれから〜」
  • モデレーター
    • 高橋 時市郎 氏(東京電機大学 産官学交流センター長)
  • パネリスト
    • 白川 修 氏(フクダ電子株式会社 取締役 開発本部 副本部長)(予定)
    • 里見 朋香 氏(文部科学省科学技術・学術政策局 産業連携・地域支援課長)(予定)
    • 佐藤 文一 氏(経済産業省産業技術環境局 大学連携推進課長)(予定)
    • 藤本 隆 氏(東京理科大学 科学技術交流センター長)
    • 中谷 吉彦 氏(立命館大学 産学官連携戦略本部・副本部長)
  
17:00〜 交流会
主催東京電機大学、慶應義塾大学、中央大学、日本大学、明治大学、早稲田大学、関西大学、関西学院大学、立命館大学、同志社大学
お問い合わせ先同志社大学リエゾンオフィス
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連サイト】東京電機大学 産官学交流センター
「第9回 関東・関西10私大産学連携フォーラム」(外部サイト)


参加費:無料 ≪交流会≫ 3,000円
定員:150名

【申し込み方法】上記サイトの申し込みフォームからお申し込みください。

2012年度 同志社大学知的財産セミナー -2012年12月7日開催-

日時2012年12月7日(金) 13:15〜14:45 (3講時)
場所京田辺校地 夢告館 MK102番教室
交通アクセス(京田辺キャンパス)
キャンパスマップ(夢告館)
内容軽快&静か&省エネ モーター始動!夢の電気自動車!
「新世代電気自動車 『MiEV』 の開発と普及促進」
吉田 裕明 氏
(三菱自動車工業株式会社 開発本部 EV・パワートレインシステム技術部 部長付)

新開発の大容量リチウムイオン電池により、家庭でも短時間の充電が可能に。実用性と省エネ、そして優れた走行性能を兼ね備えた究極の電気自動車MiEVの開発秘話と普及戦略についてお話を伺います!

※本学学生対象
主催同志社大学知的財産センター
〈協力〉同志社大学リエゾンオフィス
お問い合わせ先同志社大学知的財産センター(担当:徳間)
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3 同志社ローム記念館 2階
TEL:0774-65-6900
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-chiza@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連書類】パンフレット [PDF 127KB] ※本学学生対象
【申込方法】メールフォーム、または下記窓口にてお申し込みください。
【窓口】
今出川:寒梅館 2階 リエゾンオフィス
京田辺:同志社ローム記念館 2階 知的財産センター

イノベーションフェア関西 -2012年12月6日開催-

日時2012年12月6日(木)10:00〜16:20
場所グランキューブ大阪 10階(大阪市)
グランキューブ大阪「アクセス」(外部サイト)
内容◆講演
15:55~16:20 B12 ナノ・材料
「毛細管内の送流による多成分混合液の分離現象とその応用」
塚越 一彦(同志社大学 理工学部 化学システム創成工学科 教授)

特定の条件を満足する混合溶液、たとえば、水‐親水性/疎水性有機溶媒三成分混合溶液を微小空間内に送液すると、溶媒分子が流れに対して管径方向に分配する。このような現象を「管径方向分配現象(Tube Radial Distribution Phenomenon;TRDP)」と呼ぶ。TRDPを利用して、特色あるクロマトグラフィー、抽出、混合、マイクロリアクターなどの開発を行っている。

【従来技術・競合技術との比較】
管径方向分配現象を利用したキャピラリークロマトグラフィーは、未処理のキャピラリーチューブを使用し、特殊な分離カラム(パックドカラムやモノリスカラム)を使用しない。また、キャピラリー電気泳動のように高電圧を印加する必要もない。

【新技術の特徴】
  • 等速度で流れる動的な液‐液界面の創出
  • 医療関連計測システム
  • 環境浄化

【想定される用途】
  • クロマトグラフィー
  • 抽出
  • マイクロリアクター

◆ポスター展示
「酸化DJ-1レベルによるパーキンソン病の早期診断システムの構築」
斎藤 芳郎(同志社大学 生命医科学部 医生命システム学科 准教授)
野口 範子(同志社大学 生命医科学部 医生命システム学科 教授)

「食品添加物の精子毒性に対するα-トコフェロールの予防効果」
市川 寛(同志社大学 生命医科学部 医生命システム学科 教授)

「エネルギー自立型太陽熱給湯発電システム」
山口 博司(同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科 教授)

「毛細管内の送液による多成分混合液の分離現象とその応用」
塚越 一彦(同志社大学 理工学部 化学システム創成工学科 教授)

「蛍光色素を分散させたシリカガラスを活性層とする有機発光ダイオードの作製とTEM観察」
大谷 直毅(同志社大学 理工学部 電子工学科 教授)

「超音波による微小物体の非接触搬送技術」
小山 大介(同志社大学 理工学部 電気工学科 准教授)

「大腿切断者を含む制約のないヒトの運動解析および歩行訓練技術の開発」
林 祐一郎 (同志社大学 高等研究教育機構 助手)
主催独立行政法人科学技術振興機構

〈共催〉
京都大学、京都府立医科大学、京都府立大学、京都工芸繊維大学、立命館大学、龍谷大学、京都産業大学、滋賀県立大学、大阪大学、大阪府立大学、大阪市立大学、関西大学、近畿大学、大阪工業大学、摂南大学、奈良女子大学、奈良先端科学技術大学院大学、神戸大学、兵庫県立大学、関西学院大学、甲南大学、武庫川女子大学、神戸学院大学、同志社大学
お問い合わせ先独立行政法人科学技術振興機構 産学連携グループ
TEL:0120-679-005
E-mail:scett@jst.go.jp
備考【関連サイト】イノベーションフェア関西(外部サイト)
参加費:無料
申し込み:事前登録制

ビジネス・エンカレッジ・フェア2012 -2012年12月5日、6日開催-

日時2012年12月5日(水)10:00〜17:00
12月6日(木)10:00〜16:00
場所大阪国際会議場(グランキューブ大阪)(大阪市) 3階 イベントホール
大阪国際会議場「アクセス」(外部サイト)
内容本学からは、産官学連携活動及び研究シーズをご紹介いたします。
主催池田泉州ホールディングス、池田泉州銀行
お問い合わせ先池田泉州銀行 地域起こし事務局
TEL:06-6375-3793
池田泉州銀行(外部サイト)

11月

平成24年度 元気な企業セミナー -2012年11月22日開催-

日時2012年11月22日(木)15:00〜17:30
場所けいはんなプラザ 3階 ナイル(相楽郡精華町)
けいはんなプラザ「アクセス」(外部サイト)
内容第1部 -中小企業のためのBCP(事業継続計画)入門-
「『中小企業の事業継続計画』について」
前田 浩文 氏(近畿経済産業局 産業部 中小企業課 課長補佐)

「自然災害を通じて得たもの」
齋藤 弘文 氏(シマト工業株式会社 代表取締役会長/三条商工会議所 会頭)


第2部 オンリーワン倶楽部会員企業によるプレゼンテーション
「感性のものづくりを極め続ける ニューリー株式会社の挑戦」
新井 慎也 氏(ニューリー株式会社 代表取締役 副社長)
主催京都府山城広域振興局 、公益財団法人京都産業21、公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構

〈後援(予定)〉京都大学産学連携本部、京都府立大学、京都文教大学産業メンタルヘルス研究所、同志社大学リエゾンオフィス
お問い合わせ先京都山城広域振興局 商工労働観光室
TEL:0774-21-2103
FAX:0774-22-8865
E-mail:yamashin-no-shoko@pref.kyoto.lg.jp
備考参加費:無料 定員:100名

【申し込み方法】
会社名、氏名〔役職〕、連絡先(TEL/FAX/E-mail)を上記のFAXまたはE-mailまでご連絡ください。

<ナント>元気企業マッチングフェア2012 -2012年11月21日開催-

日時2012年11月21日(水)10:00〜17:00
場所マイドームおおさか(大阪市)
財団法人 大阪産業振興機構「アクセス」(外部サイト)
内容本学からは、研究シーズ紹介と産官学連携活動紹介のパネル展示を行います。
主催南都銀行、南都経済研究所
お問い合わせ先<ナント>元気企業マッチングフェア事務局

〒630-8677 奈良市橋本町16 南都銀行バリュー開発部内
TEL:0742-27-1558
FAX:0742-27-8815
E-mail:biz-value@nantobank.co.jp
備考【関連サイト】<ナント>元気企業マッチングフェア(外部サイト)

京都産学公連携フォーラム2012 -2012年11月15日開催-

日時2012年11月15日(木)13:00〜19:00
場所京都工業会館(京都市)
公益社団法人 京都工業会「所在・交通のご案内」(外部サイト)
内容≪第一部≫
13:00~17:20 フォーラム

16:45~ 第2会場
「工具カタログのデータマイニングに基づくエンドミル加工条件決定」
廣垣 俊樹(同志社大学 理工学部 機械システム工学科 教授)

【概要】
試作現場などで様々の新素材に対する新しいエンドミル加工条件の探索が必要となる。一方、工具カタログは毎年更新される膨大で質の高い加工データベースである。本研究では、そのデータにデータマイニングを適用し、新たな視点で加工条件の決定を試みる。

【利用分野・製品など】
試作加工、難削材加工、CAD/CAMシステム、工作機械、工具

≪第二部≫
17:30~19:00 交流会
主催公益社団法人京都工業会、京都商工会議所、京都工芸繊維大学、京都産業大学、京都大学、京都府立医科大学、京都府立大学、立命館大学、龍谷大学、京都府、京都市、同志社大学
お問い合わせ先公益社団法人京都工業会
TEL:075-313-0751
FAX:075-313-0755
備考【関連サイト】公益社団法人 京都工業会「京都産学公連携フォーラム2012[PDF 2.7MB]」(外部サイト)
参加費:≪第一部≫ 無料 ≪第二部≫ 3,000円

平成24年度 京都環境ナノクラスターフォーラム -2012年11月13日開催-

日時2012年11月13日(火)13:00〜19:00
場所京都リサーチパーク(京都市)
京都リサーチパーク「アクセス・マップ」(外部サイト)
内容~京都生まれのワザとモノで地球を救う~

≪フォーラム≫ 13:00~17:30

15:30~ エネルギー領域「新エネルギー分野」
高津 淑人(同志社大学 研究開発推進機構 微粒子科学技術研究センター 特定任用研究員(准教授))

≪ポスター展示≫ 13:00~16:00

≪交流会≫ 17:30~19:00
主催文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム(グローバル型)
「京都環境ナノクラスター」(中核機関:財団法人京都高度技術研究所)

〈共催〉京都府、京都市
〈後援〉同志社大学 他
お問い合わせ先財団法人京都高度技術研究所 京都環境ナノクラスター本部
〒600-8813 京都市下京区中堂寺南町134番地
TEL:075-315-6603
FAX:075-315-3695
E-mail:cluster@astem.or.jp
備考【関連サイト】京都環境ナノクラスター(外部サイト)
参加費:無料 ≪交流会≫ 3,500円
定員:200名(事前申込制・先着順)

けいはんな情報通信フェア2012 -2012年11月8日、9日、10日開催-

日時2012年11月8日(木)~11月10日(土)
場所けいはんなプラザ、ATR、SCSK、国立国会図書館関西館(京都府相楽郡)
けいはんなプラザ「アクセス」(外部サイト)
内容本学からは、情報通信分野の研究シーズをブース展示いたします。
また、リエゾンオフィス活動紹介や産官学連携活動の取り組み事例についてご紹介いたします。
主催けいはんな情報通信フェア2012実行委員会、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)、公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構(KRI)、株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
お問い合わせ先けいはんな情報通信フェア2012実行委員会事務局
TEL:0774-98-6900
E-mail:khn-fair@khn.nict.go.jp
備考【関連書類】パンフレット [PDF 4.4MB]

第9回 龍谷大学×同志社大学ジョイントセミナー -2012年11月5日開催-

日時2012年11月5日(月)
≪第一部≫14:00~17:15 ≪第二部≫17:20~18:20
場所クリエイション・コア東大阪(東大阪市)
南館3階 技術交流室B
ものづくりビジネスセンター大阪「交通アクセス」(外部サイト)
内容龍谷大学と同志社大学は、共に東大阪における産学連携の拠点である、MOBIO(ものづくりビジネスセンター大阪)の産学連携オフィスに入居しており、毎年ジョイントセミナーを開催しています。 
今回は、“メイドインジャパンの復活-素材を活かすオンリーワン技術”をテーマに、“ものづくり”における独自技術にフォーカスをあてたセミナーを開催いたします。

≪第一部≫
14:00~ 開会挨拶
橋本 雅文(同志社大学 リエゾンオフィス 所長)
 
14:05~ 基調講演
「脱サラ組、第二の人生“竹の皮にかけた我が人生(挑戦)”」
松本 彰 氏(株式会社松本 代表取締役社長)
 
15:20~
「トライボロジー(摩擦、磨耗、潤滑)技術の発展と応用」
平山 朋子(同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科 准教授)

16:10~
「シリコーン 多彩な機能は オンリーワン」
斉藤 光徳 氏(龍谷大学 理工学部 電子情報学科 教授)
  
17:00~ 活動内容紹介
池田泉州銀行 先進テクノ推進部

≪第二部≫
17:20~ 意見交換会
主催龍谷大学(龍谷エクステンションセンター〈REC〉)、同志社大学(リエゾンオフィス)

〈後援〉株式会社池田泉州銀行
〈協力〉龍谷大学REC BIZ-NET、東大阪リエゾン倶楽部(HLC)
お問い合わせ先同志社大学リエゾンオフィス(担当:中嶋)
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連書類】パンフレット [PDF 339KB]
【申し込み方法】メールフォーム、または申込書 [PDF 124KB]に必要事項をご記入のうえ、FAXでお申し込みください。

10月

第26回 同志社大学・けいはんな産学交流会 ~産学連携マッチング交流会~
-2012年10月30日開催-

日時2012年10月30日(火)
≪第一部≫13:30~17:25 ≪第二部≫17:30~18:30
場所同志社大学 京田辺校地 夢告館3階 MK301(京田辺市)
交通アクセス(京田辺キャンパス)
キャンパスマップ(夢告館)
内容≪第一部≫
13:30~ 開会挨拶
小林 章一 氏(京都府中小企業技術センター 所長)
橋本 雅文(同志社大学 リエゾンオフィス 所長)

13:40~ 研究シーズ発表
「電気化学反応を利用したエネルギーの貯蔵・輸送・利用法」
後藤 琢也(同志社大学 理工学部 環境システム学科 准教授)

「“知的照明と知的オフィス環境” ~次世代コンセプトに基づくワークプレイス~」
三木 光範(同志社大学 理工学部 インテリジェント情報工学科 教授)

15:20~ 企業紹介
「さまざまな省エネ関連機器の開発に取り組む ~ボイラー用省エネ蒸気圧力調節機バイソンサイクロン~」
岩見 秀雄 氏(内外特殊エンジ株式会社 代表取締役)  

「幅広く高度な基礎技術で地球環境の未来を築く、感動創造企業 ~国内、海外でのものづくり~」
篠原 寛 氏(株式会社ジェイシーエム 京都R&Dセンター センター長)

「シーシーエスの自然光LEDについて ~美術館・博物館用LED照明への取組み~」
小西 淳 氏(シーシーエス株式会社 光技術研究所 所長) 

16:45~ 研究室見学

≪第二部≫
17:30~ 情報交流会
会場:アマーク・ド・パラディ ラッテ(京田辺キャンパス ラウンジ棟1階)
参加費:2,000円
主催京都府中小企業技術センター、公益財団法人京都産業21、公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構、公益社団法人京都工業会、同志社大学
お問い合わせ先同志社大学リエゾンオフィス(担当:中嶋)
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連書類】パンフレット [PDF 233KB]
【申し込み方法】メールフォーム、または申込書 [PDF 125KB]に必要事項をご記入のうえ、FAXでお申し込みください。

京都産業まつり -2012年10月27日、28日開催-

日時2012年10月27日(土)10:00~17:00
10月28日(日)10:00~16:00
場所みやこめっせ(京都市)
みやこめっせ 京都市勧業館「アクセス」(外部サイト)
内容京都商工会議所 創立130周年を記念し、多彩な知恵の数々を実感・体験できるイベントを開催!

本学からは“大学の未来研究”ブースにて、「ナノテクが拓く未来社会」についてパネル展示を行います。
主催京都商工会議所(「京都・知恵産業ウィーク」実行委員会)
お問い合わせ先京都商工会議所 産業振興部
TEL:075-212-6443
備考【関連サイト】知恵産業ウィーク「京都産業まつり」(外部サイト)

第16回 異業種京都まつり -2012年10月25日開催-

日時2012年10月25日(木)10:00~19:00
場所京都全日空ホテル(京都市)
京都全日空ホテル「アクセス」(外部サイト)
内容テーマ『夢の実現!広げよう新たな連携と交流』

本学からは、産官学連携活動紹介のパネル展示を行います。
主催独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部、京都府異業種交流会連絡会議、京都府、公益財団法人京都産業21
お問い合わせ先公益財団法人京都産業21(担当:連携推進部 片岡)
京都市下京区中堂寺南町134 京都府産業支援センター内
TEL:075-315-8677
FAX:075-314-4720
E-mail:renkei@ki21.jp
備考【関連サイト】京都府異業種交流会連絡会議(外部サイト)
参加費:無料 ≪情報交流懇親会≫ 5,000円

ビジネスフェア in 京たなべ 2012 -2012年10月11日開催-

日時2012年10月11日(木)10:00~16:00
場所同志社大学 京田辺校地 多々羅キャンパス(京田辺市)
交通アクセス(多々羅キャンパス)
内容9:30 オープニングセレモニー

13:00~14:00 ビジネストピックスセミナー
「これからの“ものづくり企業”の経営課題 ~新事業開発への挑戦」
小川 雅央 氏
(中小機構 近畿 プロジェクトマネーシャー/前ミズノ株式会社 商品開発本部技監)

14:00~15:30 特別基調講演
「目指せ!製造サービス業」
山本 昌作 氏(山本精工株式会社 代表取締役副社長)

10:00~16:00
企業出展:京都・大阪の企業約100社が新製品や匠の技術をアピール
協賛企画:京都力結集エコ住宅「京エコハウス」見学会
その他:最新福祉車両試乗会、学研都市シーズ紹介 など
主催ビジネスフェア in 京たなべ実行委員会
(構成団体:京田辺市商工会、独立行政法人中小企業基盤整備機構近畿本部、京田辺市、公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構、山城区域商工会広域連携協議会、同志社大学)
お問い合わせ先ビジネスフェア in 京たなべ事務局 (京田辺市商工会内)
TEL:0774-62-0093
FAX:0774-62-3926
備考【関連書類】パンフレット [PDF 1.1MB]
【関連サイト】
京田辺市「ビジネスフェアin京たなべ 2012 開催について」(外部サイト)
facebook「ビジネスフェアin京たなべ」

入場料:無料
事前申込み:不要
JR学研都市線「京田辺駅」よりシャトルバス運行

9月

イノベーション・ジャパン2012 -2012年9月27日、28日開催-

日時2012年9月27日(木)9:30~17:30
9月28日(金)10:00~17:00
場所東京国際フォーラム(東京・有楽町)
東京国際フォーラム(外部サイト)
内容「アミロイドβタンパク質の産生を特異的に抑制するペプチド」
イノベーション・ジャパン2012
「アミロイドβタンパク質の産生を特異的に抑制するペプチド」(外部サイト)

舟本 聡(生命医科学部 医生命システム学科 准教授)

プレゼンテーション 9月27日(木)14:40~

出展分野:医療
出展ゾーン:大学見本市
展示会小間番号:W-29

<概要>
アルツハイマー病はアミロイドβタンパク質(Aβ)の蓄積が原因で発症する認知症である。Aβはアミロイドプリカーサープロテイン(APP)からβセクレターゼにより生成するタンパク質断片(βCTF)が、γセクレターゼによる加水分解を受けて生じる40残基程のペプチドである。RAPIDディスプレーシステムを用いてペプチドライブラリー鋳型DNAから、βCTFに結合するペプチド配列を選択した。培養細胞系、精製タンパク質を用いた再構成系において、選択したペプチドは、βCTF特異的にγセクレターゼ活性を抑制することができた。また、APP特異的にβセクレターゼ活性を抑制することも可能であった。

<展示の見どころ>
進行性の認知症であるアルツハイマー病発症のステップ(Aβの沈着とタウの沈着)について及び本発明のシード化合物の作用機構について分かりやすい図を用いて説明する。本研究開発が、アルツハイマー病発症のはじめのステップをターゲットとした理由と長所について解説する。また、現在臨床試験が進行中のγセクレターゼモディファイヤーの現状を説明し、可能な範囲で本発明との比較を行う。
主催独立行政法人科学技術振興機構、独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
お問い合わせ先イノベーション・ジャパン2012 運営事務局   
〒101-0047 東京都千代田区内神田1-6-10 笠原ビル7F (株)日経ピーアール内
E-mail:innovation-japan@nikkeipr.co.jp
備考【関連サイト】産学官連携推進会議<第11回>イノベーション・ジャパン2012(外部サイト)

同志社ハリスフォーラム2012 -2012年9月21日開催-

日時2012年9月21日(金)13:00~17:10
場所同志社大学 京田辺校地 恵道館201教室(京田辺市)
交通アクセス(京田辺キャンパス)
キャンパスマップ(恵道館)
内容『スマートグリッド-未来の電力網』

「韓国におけるスマートグリッド」
Jong Keun Park 氏(ソウル大学 教授/韓国経済エネルギー省電力審議会議長)
 
「インドにおけるスマートグリッド」
Asha Shendge(Pune University(同志社大学))

「インドネシアにおけるスマートグリッド」
Diah Permata(Lampung University(同志社大学))

「低炭素社会の実現に向けた関西電力の挑戦」
小田 直樹 氏(関西電力株式会社)

「日新電機におけるスマートグリッド技術」
竹内 雅晴 氏(日新電機株式会社) 

「同志社大学のスマートグリッドへの取り組み」
長岡 直人(同志社大学 理工学部)
主催同志社大学、同志社大学理工学部
〈共催〉同志社大学理工学研究所、同志社理工学会、同志社大学リエゾンオフィス
お問い合わせ先同志社大学理工学部研究室事務室 同志社ハリスフォーラム事務局
〒610-0321 京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6211
FAX:0774-65-6801
E-mail:jt-koukn@mail.doshisha.ac.jp
備考※参加費無料 事前申込制

【申し込み方法】
申込書にご記入のうえ、FAXをお送りいただくか、E-mailでお申し込みください。

京都産学公連携機構「京都発未来創造型産業創出連携拠点」 大学シーズ発表・相談会
-2012年9月19日開催-

日時2012年9月19日(水)13:00~17:35
場所京都リサーチパーク 1号館サイエンスホール(京都市)
京都リサーチパーク「アクセス・マップ」(外部サイト)
内容「エネルギー自立型太陽熱給湯・発電システム」
山口 博司(理工学部 エネルギー機械工学科 教授)

「酵素を用いない微量過酸化水素の迅速検出」
人見 穣(理工学部 機能分子・生命化学科 准教授)
主催「京都発未来創造型産業創出連携拠点」推進委員会
(構成機関 :京都商工会議所、京都大学、京都工芸繊維大学、京都府、京都市、同志社大学)
お問い合わせ先京都産学公連携機構 グローバル拠点推進室
TEL:075-229-6455
FAX:075-212-7022
E-mail:event919@kyoto-icc.jp
備考※参加費無料 事前登録制

【申し込み方法】
申込書にご記入のうえ、FAXをお送りいただくか、下記サイトよりお申し込みください。
京都産学公連携機構 グローバル拠点推進室
「2012大学シーズ発表・相談会〜日本の科学技術は京都から!〜」(外部サイト)

8月

京都竹カフェ 第7回リレー講演会 -2012年8月3日開催-

日時2012年8月3日(金)19:00~20:30
場所キャンパスプラザ京都 4階 第2講義室(京都市)
大学コンソーシアム京都「交通アクセス」(外部サイト)
内容「東大寺お水取り・お松明と竹の心」
上司 永照 氏(東大寺 庶務執事)
主催京都竹カフェプラットフォーム
お問い合わせ先京都竹カフェプラットフォーム

〈事務局〉
同志社大学 竹の高度利用研究センター内 京都竹カフェ代表  藤井 透
TEL:0774-65-6782
FAX:0774-65-6432
E-mail:rc-take@mail.doshisha.ac.jp

〈リレー講演会担当幹事〉
鳥居
TEL:075-611-1201
E-mail:tori@affrc.go.jp
上田
TEL:090-6370-2427
E-mail:k.ueda@mtc.pref.kyoto.lg.jp
備考【関連サイト】京都竹カフェ(オリジナルサイト)
【関連書類】パンフレット [PDF 346KB]

【申し込み方法】
お名前・所属団体等・住所・TEL・FAXを下記メールまたはFAXへご連絡ください。
E-mail:fuminryoku@pref.kyoto.lg.jp
FAX:075-414-4230
※E-mailでお申込みの方は、京都竹カフェメーリングリストへの参加・不参加をお知らせください。

7月

「fMRI装置」活用研究会 -2012年7月20日開催-

日時2012年7月20日(金)14:00~16:00
場所同志社大学 京田辺キャンパス 医心館(京田辺市)
交通アクセス(京田辺キャンパス)
キャンパスマップ(医心館)
内容◎活用事例発表

  1. 「大脳聴覚中枢における音刺激に対する神経活動の時空空間パタン」
    古谷 泰樹(生命医科学部 力丸研究室)

  2. 「fMRIを用いた有機化合物の構造解析」
    四方 達也(生命医科学部 太田研究室)
主催同志社大学生命医科学部、(公財)関西文化学術研究都市推進機構
お問い合わせ先(公財)関西文化学術研究都市推進機構
TEL:0774-95-5047
備考【申し込み方法】
「fMRI研究会参加」とご記入のうえ、お名前・所属(大学名、機関名、会社名等)・連絡先を書き添えて下記メールまたはFAXへお申し込みください。
E-mail:healthcare@kri.or.jp
FAX:0774-95-5234

第7回 けいはんなビジネスメッセ -2012年7月19日開催-

日時2012年7月19日(木)10:00~17:00
場所けいはんなプラザ(京都府相楽郡)
けいはんなプラザ「アクセス」(外部サイト)
内容昨年12月にけいはんな学研都市が「関西イノベーション国際戦略総合特区」の一地区に選定されたこともあり、本年度は「グリーンイノベーション」分野のテーマを中心に、「けいはんな発」の新事業創出をめざし開催します。

  • 本学からは、13:20~13:40産官学連携活動の取組事例紹介を行います。
    また、ブース展示も行います。
主催公益財団法人関西文化学術研究都市推進機構
お問い合わせ先けいはんなビジネスメッセ事務局
TEL:0774-98-2230
E-mail:messe2012@kri.or.jp
備考【関連サイト】
第7回 けいはんなビジネスメッセ ~新産業の創出を目指して~(外部サイト)

2012年度 特許情報調査セミナー -2012年7月13日開催-

日時2012年7月13日(金)13:15~14:45(3講時)
場所京田辺校地 情報メディア館 JM402番教室
交通アクセス(京田辺キャンパス)
キャンパスマップ(情報メディア館)
内容◎特許調査に関するセミナーを開催いたします。
最新の特許情報調査システムである『HYPAT』システムを用いて“特許調査の極意”を教えて頂きます。
企業での技術者としての活動や、大学での研究活動に大変役立ちますので、是非参加下さい!!

講師:宮石 博 氏(株式会社発明通信社 営業統括本部 大阪営業所 担当部長)

【参加条件】同志社大学学生
【参加定員】20名
主催同志社大学知的財産センター
(協力)株式会社発明通信社
お問い合わせ先同志社大学知的財産センター(担当:徳間)
(京田辺校地 ラウンジ棟 1階)
TEL:0774-65-6900
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-chiza@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連書類】パンフレット [PDF 220KB]
【申込方法】メールフォームまたは、窓口にてお申し込みください。

2012年度 同志社大学リエゾンフェア -2012年7月11日開催-

日時2012年7月11日(水)
≪第一部≫13:30~17:00 ≪第二部≫17:15~19:00
場所ホテルグランヴィア京都(京都市) 3階 源氏の間
ホテルグランヴィア京都「アクセス」(外部サイト)
内容同志社大学リエゾンオフィス・知的財産センター 開設10周年記念フォーラム
~産官学連携活動の活性化を通じて「研究力の同志社大学」へ~


リエゾンオフィス・知的財産センター開設10周年記念フォーラムとして開催いたします。
本学 ビジネス研究科 教授 浜 矩子による基調講演の後、本学との産学連携活動の具体的な取り組み事例について、連携実績のある企業様から生の声をお聞かせいただきます。

≪第一部≫
13:30~
開会挨拶
八田 英二(同志社大学 学長)

13:35~
基調講演「日本経済の動向と産官学連携活動の有用性」
浜 矩子(同志社大学大学院 ビジネス研究科長・教授)

14:45~
休憩

15:00~
「産官学連携活動のさらなる活性化を目指して」
橋本 雅文(同志社大学 リエゾンオフィス・知的財産センター 所長)

15:20~
「産官学連携活動紹介」
黒田 眞理子 氏(株式会社パワフルケア 代表取締役社長)
奥村 敦司 氏(千寿製薬株式会社 執行役員)
城戸 巧 氏(株式会社ムーンスター 執行役員)

16:20~
「今後の同志社大学に期待すること」
北出 至 氏(同志社校友会大阪支部産官学部会(LCC) 会長)
五島 洋 氏(NPO法人同志社大学産官学連携支援ネットワーク 副理事長)

16:50~
閉会挨拶
松岡 敬(同志社大学 副学長)

≪第二部≫
17:15~
情報交流会
主催同志社大学リエゾンオフィス・知的財産センター

〈後援〉近畿経済産業局、京都府、京都市、同志社校友会大阪支部産官学部会(LCC)、NPO法人同志社大学産官学連携支援ネットワーク
お問い合わせ先同志社大学リエゾンオフィス(担当:中嶋)
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3
TEL:0774-65-6223
FAX:0774-65-6773
E-mail:jt-liais@mail.doshisha.ac.jp
備考【関連書類】パンフレット [PDF 1022KB]
【申し込み方法】パンフレット裏面必要事項をご記入のうえ、メールまたはFAXにてお申し込みください。(締切:7月4日)

4月

BIO tech 2012 -2012年4月25、26、27日開催-

日時2012年4月25日(水)~4月27日(金)
10:00~18:00(27日のみ ~17:00)
場所東京ビックサイト 東展示棟(江東区)
東京国際展示場「交通アクセス」(外部サイト)
内容
  1. 展示会

  2. シンポジウム

  3. アカデミック フォーラム
    25日 「アンチエイジングと糖化ストレス」
    米井 嘉一(生命医科学部 医生命システム学科 教授)

    26日 「基質情報に依存しない特異的プロテインキナーゼ阻害ペプチド同定技術」
    西川 喜代孝(生命医科学部 医生命システム学科 教授)

    27日 「精子ミトコンドリア機能をマーカーとした食品添加物の安全性評価システム」
    市川 寛(生命医科学部 医生命システム学科 教授)
主催リード エグジビション ジャパン株式会社
お問い合わせ先BIO tech 事務局(リード エグジビション ジャパン株式会社)
〒163-0570 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル18階
TEL:03-3349-8509
FAX:03-3349-4922
E-mail:bio@reedexpo.co.jp
備考【関連サイト】BIO tech 2013
第12回 国際バイオテクノロジー展/技術会議(外部サイト)
.